畳やフローリングの状態改善は専門会社へ|室内ピカピカ施行

男の人

木製の床を美しくする

内観

現在一戸建てを建てた住宅の多くは、床をフローリング仕様のものとしています。かつては畳を使用した住宅が主流となっていましたが、見た目の美しさと維持コストの安さから、フローリングを利用する家庭が多くあるのです。しかしながら、このフローリングは木製であるため、時間経過とともに劣化が現れるようになります。湿気の多い室内であれば、フローリングが湿度を吸収してしまい、表面にカビが生えるようになります。また、長く生活していれば、重量のある棚や机、椅子などを移動させた場合に表面に傷が付いてしまう場合もあるので、注意が必要となるのです。フローリングの美しさを維持させたいと考えた場合、利用ができるのがフロアコーティングでしょう。フロアコーティングとは、木製のフローリングを専用のコーティング剤で塗装を行なう方法です。コーティング剤がフローリングの床表面を覆うことで、独特の光沢と同時に高い耐久性が得られるため、美しい状態のフローリングを維持し続けられるでしょう。

フロアコーティングを行なうとなれば、多くの人が懸念するのは足元が滑ってしまうことでしょう。フロアコーティングによってコーティングされた床は、凹凸のない鏡面のような滑らかな見た目となります。凹凸が少ないということは、それだけ抵抗が少ないことを意味しており、足元が滑りやすくなるのでは、と危惧する人も多いのです。特に小さい子供がいる家庭ならば、転倒によって大怪我を負わせる可能性もあるため、フローリングが滑りやすい状態は問題となります。そこでフロアコーティングを行なう会社では、防滑性のあるフローリング剤を使用してくれます。コーティングによる美しさはそのままで、滑りにくい安全なコーティング剤を使ってくれるので、誰でも安心して施行をお願いすることができるでしょう。